風の道


素敵なものと、美味しいものと、私的雑感
by telop
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ

与論島へ6

2016年4月9日
e0113674_1222619.jpg

那覇の朝は雨
e0113674_1231758.jpg
行きは朝7時のフェリーのため朝食無しでホテルを予約したけど、帰りは時間があるので朝食付き。バイキングにお粥があって嬉しい。
ネストホテル naha

小雨になったので、ゆいレールの駅に移動して那覇空港へ。
Wi-Fiの電波のあるところでFBやら写真の整理やらして、早めのランチへ
e0113674_1413391.jpg
那覇空港の穴場、空港食堂で、通っぽくポーク卵そば(^^)

e0113674_1471574.jpg

細かいのいろいろすっ飛ばしましたが、今回はコレにて終了(^^)
現実に帰ってきました(^^;)

そうそう、与論島で買ったお土産はこういうやつでした。自分も食べましたが美味しかったですよ(^^)
e0113674_1542350.jpg

[PR]
# by telop | 2016-10-12 01:55 |

与論島へ5

2016年4月7日
e0113674_2334617.jpg
ちょっと泳いだ後に寝すぎて、日没まで30分!いい場所を調べてる時間もなく慌てて用意して夕陽の見える近くの海岸へ行こうと出かけますが、なかなかいい場所が無くて適当な場所から宦官に出ようとウロウロしてしまいました。やばい暗くなってきた・・・
なんとか足下が見にくくなる草道を抜けると太陽の方角にちょっとした岩場があるビーチに出た。少し離れたところに何人か座って日没を待ってる人たちも見える。
個人的には岩場じゃない方が良かったのだが、ちょっと撮影して宿に戻りました。
e0113674_23202273.jpg
さて暗くなってしまった道をとぼとぼ歩いて宿に戻ると夕食時間。
だいたい連泊すると部屋食出ない場合は食事場所の同じ席ですよね(^^)
e0113674_23301674.jpg
グルクンの唐揚げもありましたね、美味かったです。

私はなぜか百合ヶ浜でテンション高かったときに会った他のテーブルの人達にも「先生」と呼ばれるようになってて(笑)

その後、星空が撮れないかなと、三脚持って宿の裏の広場まで上がりましたがいまいち(^^;)
e0113674_2343215.jpg
でも、次回は安い携帯三脚じゃなくて重いマンフロットを持って来ようかと思いました。

翌日、百合が浜で会った人たちに写真見せる為に少し整理してバタン・・・

2016年4月8日

早起きして朝食までにカメラ持って散歩
e0113674_23515537.jpg


もどって朝食、この日は、お客さんが増えてて、席がバラバラ、和食です。
e0113674_023881.jpg
和食ですね、多分、洋食と和食が1日おきなのでしょう。

フェリーの出る昼過ぎまで時間があるので、チェックアウトをした後、荷物を預かってもらい、漁港のある町まで出てみることにしました。とりあえず行きは歩いて。20分くらいですが、炎天下で(^^;)
e0113674_0135678.jpg
とりあえず、スーパー好きとしては、スーパーは2店チェック! 海岸通りというカフェで大盛りカレー食す。
実は昨日の夕方町内の放送で「おばあさんが行方不明になりました・・・」というのが流れてきたのだが、この食事中に店のスタッフの人たちが「見つかったみたいよ」と話していたのでちょっとホッとした。
ここのカレーもなかなか美味かったが、どうもこの店も次に行ったとき有るかないか。ただ閉めちゃう話じゃなくて、引っ越して再開みたいな話だった。いい感じの建物なんだけどなぁ。

与論島、コレと行って名物土産が無い・・・・個人的にはそれで良いイメージは下がらないのだけど、ちょっと困るね(^^;)
時間が押してきたので、タクシーで帰ろうと思ったら、どこにタクシーがいるのか分からないので、観光協会の事務所に入ったら呼んでくれました(^^)

宿に戻り、フェリーの埠頭まで送ってもらいました。お世話になりました、与論島ビレッジ

e0113674_0272530.jpg
帰りはこいつに乗って帰ります。今日、同じ宿からこのフェリーで帰る人は私だけでしたが、行きよりたくさんお客さんが居ましたね。チケットの発券事務所から乗り場が割と遠くて歩かないと行けないです。ショルダーベルトも付いてないボストンで来たのは失敗、次回はタイヤの付いたキャリーケースにしよう(^^;)

e0113674_0333430.jpg
フェリーからの眺め。同乗のお客さんの話によると、あの岩場の向こうあたりでクジラが見えたとか。次回は遭遇したい。
e0113674_042968.jpg
フェリーは途中から土砂降りの雨、なんてラッキーな与論の2日間だったんだろうと思います。
そして、那覇港からホテルの間も霧のような雨で傘もささずに移動出来ましたが、ホテルに着いた途端に土砂降り、夕飯買いに行くのが大変でした。
e0113674_0512947.jpg那覇には夜7時に着いたので、お弁当の目星を付けてあったホテルから一番近いお土産屋さんへ、フロントで傘を借りて行きました。後はもう、シャワー浴びてメールチェックして、バタン。


与論島へ6へ
[PR]
# by telop | 2016-10-11 23:07 |

与論島へ4

2016年4月7日
e0113674_2312416.jpg
よく眠れました。日の出前に起きて散歩。天気も良さそうです。
e0113674_20514680.jpg
ペンション棟と部屋に差し込む朝日です。
e0113674_20591012.jpg
朝食もこんな感じでたっぷりあります。

このあと例の「百合が浜」へ出かける準備をして、部屋で昨日撮影した写真を眺めていたら、迎えのお店のバスが30分も早く来て、同じ泊まり客のKさんと出発。
e0113674_21115092.jpg
すでに綺麗なんですけど、これからキレイのオンパレードになり久々に景色に感動することになります。
e0113674_21463634.jpg
場所によって海の色がどんどん変化して、ウミガメも登場。
e0113674_21532434.jpg
e0113674_2232543.jpg到着!上陸! 
船長が記念写真撮ってくれた。
見よこの景色!
e0113674_21561322.jpg
先行してた宿の仲間と合流
e0113674_2375860.jpg
e0113674_22194769.jpg
ただ現れた砂浜にボートで渡っただけなのですが、あっという間に2時間半居ました。どんどん観光客も増えてきたのでそろそろ退散、いや〜楽しかった!
この百合ヶ浜は、大潮の干潮のときだけ現れます。時期や天候で出現する場所も大きさも変わるそうです。私は丁度昼の11時からの干潮でバッチリなタイミングでラッキーでした!
e0113674_2231872.jpg
この大金久海岸の沖に百合ヶ浜。
与論島シーマンズのお店の人も、こんなにキレイに現れるのは久しぶりだと興奮してました。
このあと、近くの岩場を散策し、近所のおじーおばーと雑談したあと、また宿まで送ってもらいました。

e0113674_22411436.jpgランチは宿のレストラン「たら」の営業時間に間に合って「もづくそば」


e0113674_225007.jpg
駐車場でオカヤドカリを発見したら、なんか泳ぎたくなって、昨日のビーチに行ったら誰も居なかったので30分ほど泳いできました。そのあと夕陽を撮影に行くまで寝てましたw

与論島へ5へ
[PR]
# by telop | 2016-10-11 21:49 |

与論島へ1

2016年4月5日
e0113674_2394791.jpg
5日間お休みにして4月5日(火)〜9日(土)に与論島に行ってきました。

今回沖縄への行きと帰りのエアチケットを取ったのは1月の半ばのジェットスターエアのセール。行きが¥1,990、帰りが¥6,880のチケット。なか3日も取ったので、どこかの離島に行こうと思っていましたが、与論に決めたのは出発1週間前。ふと、あの映画「めがね」のロケ地に黄昏しに行けるかな・・・と。

ネットで主人公宿泊ロケ地のヨロン島ビレッジにメールで問合せたら、1部屋空いてるというので予約したのでした。続いて那覇からの足の確保。久々にフェリーに乗りたいと思い調べると早朝に那覇港を出て片道5時間弱で与論島に行けるようなので、こちらもフェリー会社に電話して予約番号をゲット。フェリーはマルエーフェリーなど3社が運行しているが曜日や時間が違うので要チェックです。フェリー会社違っても往復使うと割引になります。
で、足、確保。いつもの気まぐれ一人旅です。


e0113674_3491971.jpg出発当日、またしても徹夜明けで出発(^^;)
セントレアでの私の朝食定番の粥餐庁で蒸し鶏と青菜の梅味のおかゆを食べて、早めにゲートに向かいます。今回のJetStarもJALのコードシェア便でなんとなく安心です。ただ、LCCは悪天候に弱いのでそこが心配。以前、鹿児島経由で宮崎に行くときは霧で飛ばず、代替え機は夕方になるとかで、キャンセルしてANA当日券を買い直して飛びました(ToT) でも、今回は無事ほぼ定刻11時55分出発(^^)


e0113674_4153487.jpgそして、ほぼ定刻に那覇に到着。なんとなく沖縄そばが食べたくなるんですよねぇ。空港でお店探してふらふら、ランチに沖縄そばいただきました。今回は空港内の「琉球村」
今回の那覇の宿泊は、与論へいく早朝出発のフェリーのための前泊と帰りに夜に那覇港につくための後泊なので、那覇港近く、ゆいレール旭橋の駅から歩いて数分、那覇港までも歩いて数分のネストホテルへ。1泊シングル4,600円(^^)
e0113674_4271060.jpg部屋に荷物を置いて、周辺の探索と那覇港までの時間をチェックするために外に出た。
ホテルから那覇港までは確かに数分、でも手続きがあるので40分前には来たほうが良いだろうなぁ。明日の朝は7時発のマルエーフェリーだ。場所もチェックしたので違う道でホテル方向に戻る。

沖縄に来るたびに買っているパイン糖を買おうと幾つかおみやげ屋さんに入ってみるのだけど、どこにも置いてない。最後に小さなおみやげ屋さんに入ってレジのお姉さんに聞いてみたところ、今、離島の黒糖産業は不調で大手工場がつぶれるほだとか。だから本島に在庫がなく内地の都市の物産展のほうがあるかもしれないという話。確かにこのあと帰りまでにいくつかおみやげ屋さんを回ったが、どこにも無かったのに、鈴鹿の自宅に帰った時に近くのショッピングセンターで開催していた沖縄フェアでは見つけたという・・・ちょっと複雑。

e0113674_442179.jpgホテルに戻るときに裏を回ったらステーキハウスを発見。検索したら老舗らしい、夕飯の場所決定。Jack's Steak House
ニューヨークステーキのLサイズ(250g)、サラダとスープ、ライスかパンが付いて1,900円!早い時間に行ったのですぐ座れましたが、すぐに満席になった人気店でした。次回来たらまた来たいお店(^^)
美味しゅうございました。

4月6日。
翌朝。起きれましたよ、朝5時半。チェックアウトして歩いて港に向かいます。これに乗ります。
e0113674_4574127.jpg
流石に沖縄でもまだ4月初め、6時過ぎはまた暗いです。心配で早く来たのですが、出発30分前にならないと乗船手続きが次始まらない(^^;) 待ってる間に売店がオープンしたのでおにぎりとさんぴん茶購入。

e0113674_2451775.jpg乗船30分前から予約内容にそってチェックイン作業、チケットを発行してもらいます。この時間になると、待合所の椅子も船を待つ乗客で埋まってきます。
e0113674_535039.jpg少し明るくなって乗船。久しぶりのフェリー、2等船室なんて学生時代に上海に行った時いらいじゃないか!? なんか楽しい。楽しいものだからボストンバッグはこの船室に置いて、カメラバッグを肩にほとんどキャビンと甲板に居たという(笑)

e0113674_513296.jpg

ときおり小雨が降る中、那覇港を離れます。ここ何年か沖縄来るたびに雨や台風なんだよなぁ・・・
e0113674_5251341.jpg
船内の売店は、港に入るタイミングで停泊中のみオープンしているシステムらしい。さっき港で買ったおにぎり一個で逆にお腹が空いて、またオニギリとシークァーサージュースを購入。
フェリーは途中、本部に寄港。与論島まで片道4時間50分。


与論島へ2へ続く
[PR]
# by telop | 2016-10-11 19:30

与論島へ3

e0113674_14593151.jpg
荷物を部屋に置いて、ランチをしようと出かけます。てっとりばやく宿のレストランでと思いましたが、残念ながらラストオーダーの時間を過ぎていて、町に出るかと地図を見たら町に出るよりは近そうな場所に地元の料理の店を見つけたのでそこまで歩く事に。途中にはひまわり!(書いてるのは10月ですが、行ったのは4月の初めです)
e0113674_1528567.jpg
あまり見た事無いアザミの花をいくつか見ましたね。
e0113674_15314462.jpg
ときどきビーチに降りる道があるので降りてみます。こんな場所がたくさんあります。
e0113674_15351091.jpg
e0113674_16444245.jpg
この白い砂浜の上の黒い岩の下は、180cmの私が少しかがめば入れる空間があって、ちょっと昼寝してました・・・あとで、とっとと食事どころまで行けば良かったという事案が発生するんですが(^^;)
e0113674_15452551.jpg
銛で何か漁をしてる人がいたので獲れたか訪ねたら「何も無かったよ」とのこと。この緑の海藻、アオサかなとちょっと食べてみたんだけど、あとで「アオサの仲間だよ、食べられないけど」と教えられました。むやみに口に入れないようにしないと(^^;)子どもか?!
e0113674_16291838.jpg
そんなこんなで到着したのは「島の味八郎」入り口の駐車場に何やら人がいて、どうやら取材のようでカメラやらマイクやらスタッフらしき人達が数人・・・ひょっとして食べられないかな?という不安の元に入り口を入ると、今、最後のお客の同窓会の皆さんが食べ終わると取材らしい。申し訳なさそうに出て来た店の方が大汗をタオルで拭ってる私を見て
「歩いてきた?」
「はい」
「じゃぁ、しょうがないね、出来るもの限られるけど、奥のカウンターでもいい?」
「もちろん!(^^)」
で、通されたのが、一番奥の部屋の正面が海のカウンター(^^)
さらにこんなスゴイ定食が出てくると思わなかった「もずくソバ定食」!!!
メッチャ美味しかったです。ありがとうございました。また来ます!
・・・・・と思ったのに
なんとこの八郎さん、5月の連休後にまさかの閉店といううわさが(ToT)
23年の歴史にピリオドだとか、残念すぎます。


またぶらぶらしながら宿にもどります。潮のせいかビーチごとに砂の性質が違って面白いです。

宿に戻ってから、教えてもらった秘密のビーチ的な場所へ行ってみます。
e0113674_17354575.jpg
何度も「ホントに この道で合ってるのか?」と何度か振り向きながら進むと。そうそう、月桃も咲いてましたね。
e0113674_17391013.jpg
こんなビーチに出るんですよ。島の周回道路がフルマラソンのコースになるくらいの島なのに、大小60のビーチがあるとか。
素敵です。
e0113674_18484425.jpg
宿の夕飯です。たっぷり!お腹いっぱいになります(^^)。

この後、同じ宿の人達と外のテラスで喋っていると、何人かから「百合ヶ浜は行ったほうが良い!」と聞かされて、何の予備知識も無かったけど、宿まで向かいに来てくれるというので参加することにした。
歩き疲れて与論島初日終了。

与論島へ4へ
[PR]
# by telop | 2016-10-11 17:40 |

与論島へ2

2016年4月6日
e0113674_1311077.jpg

e0113674_137595.jpg那覇港を出発して、しばらくは上部デッキに出て薄暗い景色を撮影していた。面白かったのがiPhoneのGoogleMapで洋上でもだいたい位置が把握できたこと。
ああ、今このあたりなんだと時々眺めていた。
小雨の中出発したが、徐々によくなっていく。
私は上部デッキと椅子やテーブルの有るキャビンを行ったり来たりで予約した2等船室には、与論島に着くまでほとんど戻らなかった。
e0113674_1443153.jpg
ここがキャビン、この下の階が乗り降りする階段の出口になっている。

e0113674_14911100.jpg途中立ち寄る港での貨物の積み下ろしも見ていて楽しい。フェリーを岸壁に着岸の技術も、貨物を運ぶフォークリフトの扱いも、もう神業!

e0113674_212035.jpg
e0113674_274240.jpg
日が射して徐々に天気が回復していきます。良い感じ。波が穏やかで雲が水面に映るほど。

久々のフェリーで楽しくて、4時間50分なんか、あっという間。与論島の港に到着。
e0113674_216226.jpg
朝7時の出発と早かったですが眠くなってる暇もなく、船酔いもなく到着。慌てて船室に荷物を取りに行き下船。港には宿の人が迎えに来てくれていました。この船で降りてきた同じ宿の人は私だけでした。

e0113674_2273649.jpg一見、港は普通に見えますが、実は昨日まで土砂降りの大雨だったらしく朝から深い霧で、宿に向かう車から島の向こう側に行くのに丘を越えるときに港の船を見ると霧の中でした。

e0113674_2512651.jpg
予約した宿、映画メガネのロケ地のヨロン島ビレッジに到着。

ここは景色の良いホテル棟とリーズナブルなペンション棟があります。私の希望はペンション棟(メガネのロケで使った方だから)、なかなか快適ですよ(^^)
e0113674_19135797.jpg映画に出演していた犬のコージ(本名:ケン(奥))が健在!(^^)、それと孫のマーゴ(手前)、2人ともおっとりしていてかわいい。


与論島へ3へ続く
[PR]
# by telop | 2016-04-07 08:30 |

新しい年

いろいろ書きかけの記事を残したまま、2016年を迎えましたが、本年も引き続き
よろしくお願いします。

さっそく近くの神社に家族で初詣に行ってきました。

e0113674_195155.jpg

[PR]
# by telop | 2016-01-01 00:30 | ブログ

高野山へ

e0113674_20413436.jpg
 知人から行った話を聞いてから、行く機会を探していたら、京都で参加できなかった日本画家のイベントの作家の定家亜由子さんが、高野山の恵光院の襖絵を収めたイベントが有ると聞いてすぐに電話して宿坊の予約を入れたのがひと月前。

 仕事が片付いたのが、10月30日午前4時、朝6時には出発しようと思っていたが、全く用意していなかったので、けっきょく朝8時半に事務所を出て、ガソリンスタンドで満タンにして高速に乗った。亀山PAで休憩してそのまま名阪国道へ降りて下道を行くことにした。
e0113674_22493038.jpg途中、2度ほどコンビニで休憩して高野山手前の紀の川を渡ると国道371号に入った。iPhoneのナビアプリはそのまま371を進めとでている。「高野山へは九度山町経由で370号線を」という看板を一箇所だけ見たが、そのまま行ってみることにした。
ここが手に汗握る峠だった。普通車がすれ違えない道と退避スペース、登りと下りの連続(^^;)、紅葉で渋滞しているイメージで来たので対向車も殆ど無く、後ろからついてくる車も無かった。しかし、こんなところで渋滞なんかしたら、身動き取れ無くなってしまうよなぁ・・・。結局、高野山までの20キロ弱を数台の乗用車と軽トラ、3台のバイクのみスレ違い到着した。つづく
[PR]
# by telop | 2015-11-01 20:40 |

蒲郡 欧風料理 オンディーナ

e0113674_2545824.jpg
蒲郡で参加したイベントの後に、打ち上げに誘っていただいたお店のパスタがとても美味かったので記録。

蒲郡市港町1150 マリンセンターハウス内  欧風料理 オンディーナ

e0113674_3362123.jpgこの夜に食べたのは3,000円弱のコースで、お任せオードブル、人参のスープもしくはラタトゥイユ、お好みのパスタもしくはリゾットもしくはピッツァ、おまかせデザートに、コーヒーか紅茶。

オードブルはタイトル写真の様、左に切れてしまったがガラスの器のジュレがあります。
e0113674_3453214.jpgこのパスタが美味かった!

まだ10月だが、とりあえず今年イチバン。
マトウダイとポルチーニのアリオリーニ、めっちゃ美味い。
魚介類の出汁(このマトウダイの出汁とポルチーニの出汁だろうか?)にニンニクが良く効いている。
自分で再現出来ないだろうか・・・・。

e0113674_35241.jpgそして、デザート。モンブラン風の紫芋が乗ったアイスが美味しかった。
で、あとホットコーヒーいただきました。

場所は、蒲郡市 蒲郡市生命の海科学館の道路を隔てて海側。海岸沿いにウッドデッキのあって暖かかったら外も良い。
ちょっと名古屋から遠いけど、是非、また行きたいお店です。
[PR]
# by telop | 2015-10-18 02:52 | グルメ

天丼

e0113674_22384642.jpg
セミナーの帰りに伏見のミリオン座の前の道を南に向かって歩いていると、美味しそうな天丼の店を発見。一度通り過ぎたのだが、昼は時間がなくてチョコレートのキットカットを食べただけだったのもあって、ちょっと戻ってメニューを眺めるとやはり美味そう。中を覗くと座れそうなので入ってみることにした。
e0113674_22431045.jpg店の名前は「御園天丼 下の一色(ミソノテンドン シモノイシキ)」看板は達筆過ぎて最初読めなかった(^^;)
席はカウンターだけ、全部で12,3席だろうか。カウンターでガリと松前漬けのようなのが小皿に取れる。
注文したのは、外のメニューで気になった【尾張前】地物天丼。

e0113674_22581888.jpg天丼登場。店主に写真を撮る断りを入れると「いいですよ、どんどん撮ってください」と言われる(^^)

海老ししとう、穴子、キス、竹輪、さつまいも、イカ、茄子といった所か、これで1,080円は良いのではないか?そしてかなり美味い。けっこうなボリュームだ。
澄ましや味噌汁は別注文になるので付いてはいないが、温泉たまごが付いていて、「半分くらい食べたところで、ごはんにかけて食べてください」と説明が入る。これもなかなか美味しかった。

今年の5月にオープンしたとのこと。事務所から近いので、また利用させていただこう。

下の一色:愛知県名古屋市中区栄1-10-11
[PR]
# by telop | 2015-09-12 23:11 | グルメ


ライフログ
検索
最新の記事
与論島へ6
at 2016-10-12 01:55
与論島へ5
at 2016-10-11 23:07
与論島へ4
at 2016-10-11 21:49
与論島へ1
at 2016-10-11 19:30
与論島へ3
at 2016-10-11 17:40
記事ランキング
画像一覧